HOME>アーカイブ>お店を開くにあたって必要になる資格について

専門学校でいろはから学ぶ

コーヒー

将来的に自分のカフェを持ちたい、そんな事を考えているなら、まずは行動することが大切です。ゼロから始める場合には、まずは専門学校似通いながらカフェの開業に向けて専門知識やスキルを身につけることです。専門学校では、実習に重点を置いたカリキュラムが最大の強みです。講師の指導を受けながら、調理をすることで、実際にカフェを開業したときにそのノウハウを活かして料理やドリンクを提供することができます。また、カフェの経営を軌道に乗せるための原価計算などのスキルを学び、どうしたらよいサービスを提供しつつ利益を出すことができるかについて基礎から学ぶことができるのです。

わからないことは講師に聞こう

専門学校でカフェに関する知識を深めている最中には、色々とわからないことがでてくることでしょう。専門学校で指導する講師の多くが、実際にカフェの経営経験があったり、多くのカフェの開業を手掛けた経験があります。そのため、わからないことがあれば積極的に講師に質問し、知識として身に付けていくことが重要なのです。カフェを開業するまでは準備段階なので、できるだけ多くの知識を身に着けて、自分の思い描くカフェをオープンさせたいものです。

店を開くために必要な資格

自分の店を開業する上で必要な資格は、営業許可と食品衛生管理者を置くことです。意外なことに、カフェでは調理師免許は必要なく、重要なポイントは先に述べた2つのことだけなのです。食品衛生管理者になるためには、講習を受ける必要があります。6時間ほどの講習を受ければ、晴れて食品衛生管理者になることができます。もし、調理師免許を取得している場合には、講習が免除されるので、調理師免許はもっていて損はないかもしれません。

広告募集中